プレイドの「コーヒーの父」を紹介します


先週のPLOGで、
プレイドはコーヒーにこだわる会社だということをお伝えしました。

デロンギのエスプレッソマシーン、手挽きのミル、ブルーボトルコーヒーの豆など、
プレイドのこだわりの一部をご紹介しました。

それでもまだ紹介できていないこだわりがあります。

「プレイドのコーヒーの父」です。

実はプレイドには、コーヒーにこだわるあまり、
焙煎したてのコーヒーをいつも届けてくれる人がいます。

コーヒーにこだわる人がいても、自分で焙煎までおこなう人はほとんどいないはず。
少なくとも私は個人で焙煎する人を、初めて知りました。

そのこだわりに敬意を表して、我々は「コーヒーの父」と呼びます。

これが、「コーヒーの父」が今年最初に焙煎した豆。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ニカラグアのリモンシージョ農園で育てた
パカラマという品種のパカラマピーベリーという品名。

これをフルシティローストで焙煎したものです。

「父」曰く、“フレッシュなフルーツ感”が味わえるそう。

コーヒーで、“フレッシュなフルーツ感”・・・
奥が深いですね。

今回は5種類の豆を、それぞれ焙煎の深浅を微妙に変えて2袋にして、
計10袋分も焙煎してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
すごいですね。ありがとう、父。

そして、丁寧な手紙まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
達筆ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ん?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倉橋?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・・

そうなんです、「プレイドのコーヒーの父」は「プレイドの代表の倉橋の父」だったのです。

最近になってコーヒーの焙煎にハマっているようで、
大量に自家焙煎のコーヒー豆をオフィスまで送っていただけました。
ありがとうございます、お父さん。

でも、コーヒー大好きメンバーに大好評で、
あっという間に倉橋コーヒーなくなっちゃいました。

お父さん、恐縮ですが、また自家焙煎されましたらプレイドまでご送付お願いします!

早めの焙煎、お待ちしております!!!!

プレイドでは、こんなコーヒー好きメンバーと一緒に働くエンジニア、学生インターン(エンジニア、サポートスタッフ)を募集しています。

詳しくはこちらを御覧ください。

(※父は一緒には働きません。)


Comments are closed.