【メディア掲載】「史上初めて人とサーバーが話せる時代が訪れる」 -Forbes


久しぶりにスニーカーで出社しました、広報のさくらいです。
Forbes6月号で掲載されたインタビュー記事が先日ウェブ版でも掲載されました。

ユーザー接客で目指す、「ウェブの歴史に名を刻む」インパクト(Forbes6月号)


「史上初めて人とサーバーが話せる時代が訪れる」
CTOの柴山と初めて話した時のセリフが忘れないとインタビューで語っていた投資家で社外取締役の磯崎さん。KARTE開発の思想から、磯崎さんがプレイドに投資を決めた理由まで、カメラマンさんからも質問が飛ぶほど取材は盛り上がりました。

KARTEは足元の課題解決のためではなく、2人の「将来こういう世界になったら」という思いを形にしたプロダクト。我々はヒトを中心にインターネットを再設計し、グローバルで受け入れられる、ユーザー体験のスタンダードにしていきたい。-柴山

記事中のこのくだりが私は一番好きで、BtoBではなくBtoBtoCとして、データの先にある、ありたい未来や社会を思考している企業であることがプレイドの大きな魅力だと思います。(実際入社すると、そんな未来に向かった議論が驚くほど多いです。)

さて、いつもの!
ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、単なる接客ツールの営業や開発ではなく、データを個人に向かって最適化する「ありたい未来」に向かって一緒に思考できるメンバーを募集しています。

詳しくはプレイドの採用ページWantedlyの募集一覧をご覧ください。
もしくはこちらのボタンよりお気軽に「話を聞きに行きたい」と押してください!


Comments are closed.