デブサミ2018にエンジニアの竹村が登壇しました #devsumi


2月15日に、雅叙園東京にて開催されましたデブサミ2018(Developers Summit 2018)に、エンジニアの竹村が登壇しました。

「マルチクラウドで構築する大規模解析サービス~戦略とポイントについて」という講演で、KARTEを支えるマルチクラウドインフラについてお話しました。

採用担当seidoが最近買ったiphoneXにて撮影。

一瞬「本当?」って思うほどの綺麗なグラフ 笑 (本当です。詳しくは登壇資料をご覧ください)

登壇後、Ask the Spekerブースで参加者からの質問に答える竹村。結構、盛り上がってました。

 

twitterの反応もご紹介。
面白かったと言っていただけて、こちらも嬉しいです。
参加していただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

ご好評をいただいた、当日の登壇資料はこちらです。

 

KARTEはBtoBのSaaSサービスなので、開発者やエンジニアの方々に直接サービスに触れていただく機会が少ないこともあり、登壇はサービスを知ってもらう貴重な機会です。
登壇お声かけいただき、ありがとうございました。
手前味噌ですが、大規模サービスの裏側、表側、いろんな角度で面白いお話ができる自信があるので、もっともっと登壇呼んでいただけたら嬉しいです。
(欲を出す広報担当の声。登壇資料作って話す大変さは…みんなに頑張ってもらおう。。)

最後にいつもの人材募集を!インフラエンジニアもめちゃくちゃ面白い環境ですので、ご応募お待ちしています。

 

プレイドでは一緒に働く仲間を募集しています

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、一緒に働く仲間を募集しています!

詳しくはプレイドの採用ページWantedlyの募集一覧をご覧ください。
もしくはこちらのボタンよりお気軽に「話を聞きに行きたい」と押してください!


Comments are closed.