お肉だらけの「プレイド しめ忘年めし会2017 」by肉塊UNOさん


しめめし会(仮)の忘年会バージョン

フードマネージャーのカワクボです。
毎月やっているしめめし会(仮)も、12月にはやはり忘年会バージョンに変化します。

昨年の忘年会は、恵比寿にオフィスがある時代によく行っていた、恵比寿が誇る名中華居酒屋の「どんく」にておこなったのですが、今年はどんくの収容人数を参加人数が超えてしまったので、いつも通りオフィスでおこなうことにしました。

今年もどんくのチキンカツの在庫との戦いを楽しみにしていた人が何人かいたので、その点ではちょっと申し訳ないと思いました。

ただ、料理がいつも通りだと忘年会っぽさがないので、どうしようかと思っていたところ、「牧草牛をベースにした塊肉専門店」の肉塊UNOさんがケータリングのテストをはじめたという知人の投稿を見つけて、即連絡。

ありがたいことにまだ正式スタートじゃないけど、オフィスでの肉の提供をやっていただけることになりました。

というわけで、今回はオフィスでのケータリングの常識を覆されまくった、肉塊UNOさんによる豪華なしめ忘年めし会を写真で紹介します。
 

いきなり肉塊

あれ、ここどこだっけとなってしまう肉の展示。

今回は、イチボ、とり、ソーセージ、豚バラ、ランプを持ってきてもらいました。

いやー、圧巻ですね。
切り分けてもらうとこんな感じになります。

肉だけじゃなくて、いろいろ凄い

今回、肉だけではなく、サンドイッチやサラダ、フィンガーフードなど、いろいろなものを用意していただきました。
この料理だけでも、十分豪華。。

デザートなんかもしっかりと。


 

しめ忘年めし会スタート

実はこの時、個人的事情によりオフィスにおらず、後から参加したので、実際どう進行したのか把握してないのですが、写真からの想像で以下勝手に書きます。

どうやら、CEOのKurakenより、乾杯の挨拶があったようです。
1年を総括する、深くてイイ話にみんなの心が震えていた(であろう)瞬間。

お店の方からの案内。

も、あまり聞かずに肉に殺到(してたはず)

切られる肉。

取られる肉。

一進一退の攻防が繰り広げられていた(のかな?)
 

楽しそうだったので、なにより

1時間半くらい遅れて合流したときには、みんなかなり楽しそうだったので、きっと盛り上がったはず。
よかったよかった。

こんなおちゃめなこともさせてもらえたようで、よかったよかった。

食事に大満足した後に、1年の会社の出来事を振り返るコンテンツを発表して、1年の振り返りをして、しめ忘年めし会は無事終了となりました。

来年も、良い肉が食べれるように頑張りましょう。
 
ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、
こんな肉を食べたい仲間(エンジニア、ビジネス、インターンも!)を募集しています。

詳しくはこちら(Wantedlyの募集一覧)をご覧ください。
もしくはこちらのボタンよりお気軽に「話を聞きに行きたい」と押してください!


Comments are closed.