【プレイドサマーインターン2016】プレイドでの3週間のサマーインターンを通して感じたこと


はじめまして。インターンの小林です。
同じ大学の長屋くんと共に、プレイドで3週間のサマーインターンに参加させていただきました。

簡単に自己紹介をすると、筑波大学の学部3年で、情報の勉強をしています。
最近は、RailsでWebアプリケーションをチームで作ったりしていました。
もともとプログラムを書くのが好きで、エンジニアの仕事を将来はしたいなーと思っていて、エンジニアのインターンを探していました。

このインターンに参加したきっかけは、大学の逆求人イベントを通じて、会社の見学に誘われたことです。
そこで、KARTEのサービスの説明を聞き、リアルタイムのウェブ接客というコンセプトが面白いなと思ったので、インターンに参加してみようと思いました。


サマーインターンでやったこと


サマーインターンでは、KARTEの天気プラグインのサーバーサイドの新規実装を行いました。
Node.jsに触れたのが初めてなのと、プロジェクト自体も大きく、最初は分からないことばかりでしたが、メンターの物井さんや野田さんにその都度教えてもらって、3週間の間で、無事天気プラグインをリリースすることができました。

90ca37e9-b07c-4e5a-8a8e-a5d54b8a9ed5
最初はどこの天気APIを使うかという、仕様を決める段階からのスタートだったので、最終的にストアに自分の作った機能が載ったときは、とても達成感がありました。

プレイドのインターンの特色


プレイドのインターンの最大の魅力は、自分が実際に会社の業務に関われることです。

短期間のインターンは勉強会だったり課題型のチーム開発だったりがほとんどで、なかなか会社の内部を知る機会は少ないと思います。
一方で、プレイドのインターンでは、社員の方々と同じテーブルで、社員の方々と同じように仕事をします。
会社の雰囲気や社員の方の働きぶりを生で感じることができるので、社会に出て働くことへのイメージがぐっと近くなりました。

また、実際のエンジニア業務についたことで、githubを使った開発フローやslackを使ったチーム連携など、なかなか一人で開発をしていては経験できないことができたので、とても勉強になりました。

dsc09942-1メンターの物井さんからフィードバックを受ける


インターンの中で一番思い出に残っているところは、先程も書きましたが、ストアに天気プラグインの機能が載ったときです。
最終的にストアに自分の作った機能が載ったとき、とても感動して、エンジニアとしてのやりがいを感じました。
それと同時に、バグがあったらどうしようという不安と責任感も感じました。

また、実際のエンジニア業務についたことで、Github、slack、esa等のツールを使ったチーム開発など、一人で開発をしていてはなかなか学べない部分も勉強できたので良かったです。

それと、個人的にありがたかったのは、プレイドハウスというスペースに3週間の間、泊めさせていただけたことです。
会社から徒歩5分(!)という超素晴らしい立地で、インターンにがっつり集中することができました。
部屋もとてもきれいで、恵まれているなぁと思いました。

50fe0a45-6945-4967-8883-d81d96c2ad7eプレイドハウスの写真。良い写真がない…


インターンで良かったこと


サマーインターンでは、開発以外にも、木曜日にある昼会や毎週金曜日に行ったエンジニア勉強会など、色々なイベントに参加しました。

昼会では、「会社とは何?」だったり「今更聞けないことを聞いてみよう」というお題をみんなで話し合い、社会人ってこういう風に考えているんだーっていうのを聞けたのはとても面白かったです。あと、ときおり、茶々が入ったり歓声(?)が上がったりして、社員の方の仲の良さを感じました。

DSC00119
色々とイベントに参加させてもらったのですが、その中でも良かったなと思うのが、毎日お昼に社員の方とランチに行かせて頂いたことです!
開発の方以外にもセールスの方やコーポレートの方とランチに行けて、とてもためになりました。
就活に対するアドバイスをもらえたのはいい経験になりました。

他にもセールスの人とエンジニアの人で、全然違う思考をしていたり、それでも考える方向性が一緒だったりして、そういうのが面白いなぁと思いました。
ただ、今思うと、もっともっと質問をしておきたかったなぁと後悔しています。

dsc09888最終日には全員の前で発表する機会も


感想


初めてのインターンだったので、始める前は不安でしたが、いざインターンに行ってみると、学ぶことがたくさんあり、とても充実した3週間でした。

ぜひ、将来エンジニアとして働きたいけど実際どういう感じで働いているんだろう?って疑問に思っている人や、実際にプロダクトの開発をしてスキルアップしたい!という人はプレイドのインターンにチャレンジしてほしいです。

最後になりますが、3週間という短い間にも関わらず、暖かく歓迎してくださったプレイドのみなさん、本当にありがとうございました!

22b6b535-8e8c-4389-8a5e-33047492d759

最後に


ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、
こんなインターンを経験してみたい仲間(エンジニア、ビジネス、インターン以外ももちろん!)を募集しています。

詳しくはこちら(Wantedlyの募集一覧)をご覧ください。
もしくはこちらのボタンよりお気軽に「話を聞きに行きたい」と押してください!



Comments are closed.