ICCカンファレンス KYOTO 2017に代表の倉橋が登壇しました


9月5〜7日 京都において開催されましたICCカンファレンス KYOTO 2017に代表の倉橋が2つのセッションで登壇しました。

セッション1では、「クラウド化とデータの活用で経営はどのように進化するのか?」というテーマでパネルディスカッションに参加しました。



ICCカンファレンス KYOTO 2017
Session 1B
【クラウド化とデータの活用で経営はどのように進化するのか?】
Supported by ジョブカン
<スピーカー>
大宮 英紀(株式会社リクルートライフスタイル)
倉橋 健太(株式会社プレイド)
東後 澄人(freee株式会社)
宮田 昇始(株式会社SmartHR)
<モデレーター>
山内 宏隆(株式会社HAiK)

また、セッション9の「OMNIBUS TALK (オムニバス・トーク)-マーケティング&アドテクノロ ジー特集-」では、KARTEのご紹介をさせていただきました。

Session 9F
【OMNIBUS TALK (オムニバス・トーク)】
-マーケティング&アドテクノロ ジー特集-
<プレゼンター>
「Beacon Bank」内山 英俊(株式会社unerry)
「KARTE」倉橋 健太(株式会社プレイド)
「Kaizen Ad」栄井 トニー 徹(株式会社Kaizen Platform)
「アドフラウドの最新事情」高頭 博志(Momentum株式会社)
<ナビゲーター>
坂本 達夫(AppLovin)

セッションに参加していただいた皆様ありがとうございました。
 

プレイドでは一緒に働く仲間を募集しています

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、一緒に働く仲間を募集しています!

詳しくはプレイドの採用ページWantedlyの募集一覧をご覧ください。
もしくはこちらのボタンよりお気軽に「話を聞きに行きたい」と押してください!


Comments are closed.