Google Cloud Next ’17 in Tokyoに登壇してきました(動画あり)


「GCP(Google Cloud Platform)を使い倒している日本のプレイドって会社があるんだけど、何の会社?」

マウンテンビューのエンジニアにそんな質問をされるんだよね(笑)という話をGoogleの社員さんから聞いて、満更でもなく嬉しくなってしまうプレイドの櫻井です。

KARTEはサービス開始から2年で累計12億人以上を解析しているのですが、
そんな大規模・リアルタイム・データ解析サービスのインフラをしっかりと
支えてくれているのがGoogle Cloud Platform です。
(AmazonのAWSが先行サービスで有名ですね。弊社も一部で併用しています。)

そんなご縁から熱いオファーをいただき、
6/14・15日にGoogleが主催したGoogle Cloud Next ’17 in Tokyoにて、
代表の倉橋が基調講演に登壇いたしました。
(実は昨年に続き2回目の登壇。今年は会場が倍以上で参加人数は2日間で約7000人の大規模イベントでした。)

倉橋がいよいよ登場。

主催者に紹介されて、握手で招かれる海外カンファレンスっぽい登場にドキドキします。

登壇はジャケット着用とのことでしたが、スタートアップらしさが消えてしまうのでいつものKARTE Tシャツで登場です。

ライブストリーム中継で会社から見守る社員たち…

 

「同時通訳レベル高い…」

会場の方々からの反応

登壇を終えて目に映ったのは

世界に向けてライブ中継される大舞台で7分間のプレゼンを堂々とやりきった倉橋。(とっても楽しそうでした。)
しかし、無事に登壇を終えて自席に戻るとなぜか挙動不審の様子。視線の先を見てみるとそこには….

Googleの各国スピーカーが座る登壇者席最前列になぜかプレイド社員の姿が!!
(登壇企業社員だと伝えると間違って案内されたとのことでした。そんなミラクルあるw?)
この違和感、、登壇中に気がつかなくてよかったです。

最後になりましたが、お待たせしました。
当日の様子はこちらのムービーでご覧いただけます!(53分5秒あたりから倉橋登壇)

ムービーを見てプレイドやKARTEに興味をお持ちいただいたみなさまに2点お知らせです。
1つ目は、今回登壇してお話したGCP活用に関するウェブ連載が近々CodeZineで開始します。こちらはエンジニア陣が鋭意執筆中ですので、開始時に改めてお知らせいたします。

2つ目はいつもの告知ですが、
ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、一緒に働く方を募集しています!

詳しくはプレイドの採用ページWantedlyの募集一覧をご覧ください。
もしくはこちらのボタンよりお気軽に「話を聞きに行きたい」と押してください!


Comments are closed.