TechCrunch Tokyo 2016 CTO NightにCTO柴山が登壇しました


先週開催されましたTechCrunch Tokyo 2016内のイベントCTO NightにプレイドCTOの柴山が登壇しました。

今回のイベントでは、
“技術によるビジネスへの貢献度(独自性、先進性、業界へのインフルエンス、組織運営についても評価対象)”
を評価するということで、KARTEの開発におけるCTOの役割を、主に組織面に関して柴山から発表しました。

その様子を一部ご紹介します。

会場は大きなメイン会場です


カッコいい演出からCTO Nightがスタート。

dsc02451

今回は8社のプレゼンテーションがあったのですが、トップバッターで柴山が登壇。
変なポーズを取っているわけではなく、本人曰く「ステージ眩しい」ということで、ライトを遮っていたようです。

dsc02460
タイトルは、「ビジョンと事業でドライブする熱狂する組織へのトライ」。

dsc02467
本当に眩しかったようで、ちゃんと顔を上げていた瞬間はこの一枚くらいでした。

dsc02473
柴山のプロフィールを一部紹介。
スライドだけだと分からないと思いますが、面白いストーリーです。
脳ミソあたりとか気になる方は是非プレイドに遊びにきてください!

dsc02471
考え方/ポリシー。

dsc02486
CTOの役割。

dsc02534
熱狂する組織となるために、様々なトライをしています。
これはエンジニアもそうですし、ビジネスサイドも面白い取り組みを試行錯誤しながらやっています。
このあたりも気になる方は、是非遊びに来てください!

dsc02543
(笑)
しかしながら、98%(くらい)の事業の余地があるということで、やれることたくさんあります。余地だらけです。
残りの98%の事業を一緒に進めたいという仲間を、絶賛募集中。

dsc02544
プレゼン終わり、Q&Aタイム。
最近、プレイドパーカー作りました。足元はフットサルシューズでフットサルできるCTOもアピールしたのですが、評価基準ではなかったようです。

dsc02566
というわけで、KARTEの紹介というより、プレイドの組織の面白さを紹介させていただきました。
面白い内容だったのですが、スライドで紹介するのは難しい内容もあったので、気になる方は是非プレイドに話を聞きにきてください!

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、こんな組織で残り98%の事業を一緒に作りたいエンジニア(インターンも!ビジネスサイドも!)を募集しています。

詳しくはプレイドの採用ページか、Wantedlyの募集一覧をご覧ください!

もしくはこちらのボタンよりお気軽に「話を聞きに行きたい」と押してください!



Comments are closed.