ベンチャーファイナンスに今後関わる方にオススメする10冊

経営企画・財務を担当していますトバです。
会社としての2回の資金調達のラウンドを担当し、個人的にも他社の資金調達をサポートしています。

しかしながら、現在に至るまで、暗中模索で進めている側面は否定できません。
試行錯誤の中で役に立った本を整理する意味も兼ねて、僭越ながら、何らかの参考になればと思い、ベンチャーファイナンスに今後関わる方に是非オススメしたいと考えた本を整理しました。

ベンチャーファイナンス入門


「起業のファイナンス」(磯崎哲也著)


弊社の取締役でもある磯崎さんが著者で、スタートアップ関係者の必読本となっている本です。
ベンチャーファイナンスに関する最低限必要な概念・知識がコンパクトにまとめられており、弁護士等の外部アドバイザーの手を上手く借りれば、この本の知識のみでシード〜シリーズAの資金調達が出来ると思います。

また磯崎さんの熱い思いが随所にあふれており、その語り口も魅力的です。
私も、この本を読んだことが、スタートアップに興味を持つ契機の一つでした。
知識を得るのみならず、スタートアップの面白さも感じることも出来る名著だと思います。なお、この帯の磯崎さんの写真は、弊社撮影です。
 
続きを読む…

スタートアップ必読書!「起業のファイナンス 増補改訂版」が発売されました

プレイドで経営企画・財務を担当しているトバです。今回は、弊社取締役、磯崎哲也さんから「起業のファイナンス 増補改訂版」をいただきましたので、紹介したいと思います。実は、この本の帯の磯崎さんの写真は、プレイドが撮影したものなのです!

スタートアップに関わる人の必読書


増補改訂前の「起業のファイナンス」は2010年に発売されました。ベンチャー・キャピタルからの資金調達の方法やその注意点等、ベンチャー・ファイナンスに関する重要かつ必要な事項がわかりやすく書かれたこの本は、スタートアップ企業に関わっている人が必ず読んでいる本だと思います。そして、この本をキッカケにベンチャー・ファイナンスに興味を持った人も多いでしょう。 続きを読む…